23:58 2019年11月21日
ウクライナ大統領とIMFの秘密合意が明らかに

ウクライナ大統領とIMFの秘密合意が明らかに

© Sputnik / Mikhail Palinchak
政治
短縮 URL
1317
でフォローする

ウクライナのポロシェンコ大統領とグロイスマン首相は、IMFとの間で秘密文章に署名した。それによると、ウクライナは、土地売却のモラトリアムを解除し、さらに電気ガス料金を引き上げる義務を負う。ウクライナの「ヴェスチ」が全ウクライナ連合「祖国」の党首、ティモシェンコ元首相の発言を引用して伝えた。

また秘密文書に従えば、教師や医療従事者の優遇された退職条件がなくなり、こうした領域で原楽人の数が減らされる、とのことだ。

なおティモシェンコ元首相は、議会に対し、政府への質疑の時間に、この秘密合意問題を取り上げるよう求めた。

ウクライナ当局とIMFの間の合意については、極右勢力、急進党のリャシコ党首も批判している。リャシコ党首は「あらゆる条件を遂行するためには、ウクライナ当局は、年金支払いを拒否するか、あるいは年金生活者のために安楽死を導入するか、しなければならなくなるだろう」と指摘した。

タグ
IMF, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント