23:54 2017年08月19日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    ウクライナとEUの国旗

    ドイツ外相:ウクライナのEU加盟が近い将来実現することはない

    © REUTERS/ Valentyn Ogirenko
    政治
    短縮 URL
    0 43560

    ドイツ外務省のシェーファー報道官は、英国のEU離脱(Brexit)の観点からウクライナのEU加盟の見通しについてコメントした。

    報道官は記者団の質問に、「近い将来に外相(シュタインマイヤー氏)の前にも、全欧州連合の前にもウクライナのEU加盟問題が取り組むべき事柄として掲げられてはない」と述べた。

    ウクライナは2014年にEUとの連合協定に調印したが、同文書は加盟を保証してはいない。先にユンケル欧州委員長は、ウクライナのEUあるいはNATOへの加盟には20-25年かかると述べた。

    英国でEU離脱の是非を問う国民投票が実施されて離脱派が勝利した後、ウクライナでは同国のEU加盟が早まるという話が活発化した。ウクライナは英国の場所を占める用意があるとすぐさま発表した。

    タグ
    EU, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント