22:35 2018年09月20日
ラヴロフ外相トルコ軍参謀本部が政権奪取を宣言

ラヴロフ外相がトルコ情勢について声明

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev © AFP 2018 / BULENT KILIC
1 / 2
政治
短縮 URL
トルコで軍事クーデターの試み (66)
2201

ラヴロフ外相がトルコ情勢について声明、あらゆる流血の衝突を避け、問題解決を憲法のフィールドに限定して行うべき。

トルコ軍参謀本部はクーデターを起こし、政権を奪取し、指導部を退けたと宣言。参謀本部のこの声明は7月16日NTVテレビで放映された。同時にトルコ軍参謀本部のサイトは現在、アクセスができない状況。

トルコ軍部の声明は以下の通り。

「トルコ軍は憲法秩序、民主主義、市民の権利と自由、法の優越を回復する目的で国の政権を完全に掌握した。トルコの結んだ国際合意および義務はすべて効力を維持する。我々はあらゆる諸国と友好関係を維持し続けることを確信している。」

トピック
トルコで軍事クーデターの試み (66)
タグ
トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント