03:32 2020年02月24日
政治
短縮 URL
0 03
でフォローする

最新の衛星写真は、北朝鮮の核実験施設豊渓里(プンゲリ)が活発なことを示すとして、米ジョン・ホーキンス大学の米韓研究所が運営する北朝鮮分析サイト「38ノース」に掲載された声明には次のように書かれている。

「9月9日に核兵器実験が行われた北トンネル入り口付近の活発さは、実験後のデータ収集を含む一連の課題の目的、入り口の封鎖もしくは新たな実験への準備に起因する可能性がある」

活発さの兆候は、西、南トンネルでも見られた。
声明には次のように書かれている。

「核実験実施の決定がとられた場合、南トンネルは核実験に耐えうると仮定されているが、この行動の目的もまた不透明だ。」

先に伝えられたところ、北朝鮮は新型ミサイルエンジンの実験に成功した。

関連:

北朝鮮、核兵器開発完了
韓国大統領、北朝鮮市民に南へ逃げるよう呼びかけ
タグ
核兵器, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント