14:38 2018年02月21日
東京+ 8°C
モスクワ-13°C
    南シナ海でカール・ヴィンソン

    米国は南シナ海での軍事パトロールのスケジュール作成=WSJ

    © REUTERS/ Matt Brown
    政治
    短縮 URL
    268

    米太平洋軍(PACOM)は南シナ海における軍事パトロールのスケジュールを作成した。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が複数の匿名米高官の話を基に報じた。

    スプートニク日本

    同紙は、「米太平洋軍はいわゆる航行の自由作戦を今後数ヶ月間で2、3回実施する計画を策定した」と伝えた。

    高官らは、作戦実施の具体的な日時と場所についてはコメントを控えた。

    作戦を規則的に実施するスケジュールを立てることで、同作戦が南シナ海の情勢を不安定化させているとの中国からの主張を鈍らせるかもしれないとの見方を高官らは示している。

    WSJによると、今回の計画は、多くの「政治的要因」から同作戦を中止・延期していたオバマ前政権との違いが見られる。オバマ政権は2015年10月から退任までの1年3ヶ月で作戦を4回実施したが、トランプ政権ではすでに3度実施されている。

    石油など天然資源が豊富だと明らかになった南シナ海の西沙(パラセル)諸島や南沙(スプラトリー)諸島、中沙諸島(スカボロー礁)といった諸島をめぐり、中国とベトナム、ブルネイ、マレーシア、フィリピンなど7カ国は10年間にわたり領有権を争っている。

    米国は当事国ではないが中国の主張を認めず、極端な海洋権益の主張を牽制に向けた航行の自由作戦を同海域で実施している。

    これより前、中国の王毅外相は7日、フィリピンでの東南アジア諸国連合(ASEAN)との外相会議に合わせて、河野外務大臣と会談し「率直に言って失望した」と語ったことについて、南シナ海の問題をめぐり、不快感を表した

    タグ
    領土問題, 軍事演習, 軍事, 南シナ海
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント