22:36 2017年09月22日
東京+ 20°C
モスクワ+ 15°C
    日本で北朝鮮を巡るニュース

    北朝鮮問題を制裁のみで解決するのは不可能 日本人専門家

    © AFP 2017/ Toshifumi Kitamura
    政治
    短縮 URL
    3849103

    朝鮮半島問題の第一人者の1人である拓殖大学の武貞秀士教授は、通信社スプートニクのインタビューで北朝鮮問題について、この問題を制裁のみで解決するのは不可能だとし、対話が必要であり、その過程では南北朝鮮統一に向けた武力行使の放棄、相互訪問の開始、北朝鮮の核兵器開発と米韓合同軍事演習を同時に停止することについて合意することだとの考えを示した。

    スプートニク日本

    武貞教授は、最近北朝鮮を訪問したばかりであるため、この問題に関する北朝鮮の立場を明らかにすることができた。

    武貞教授は、9月7日から11日まで平壌を訪問したと述べ、北朝鮮の外交政策分野で影響力を持つと考えられている朝鮮労働党中央委員会のリ・スヨン副委員長も、対話の必要性について述べたと強調した。

    先ほど、北朝鮮のアジア太平洋平和委員会は、13日、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する新たな制裁決議を採択したのを受け、米国と日本を威嚇する報道官声明を発表した。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 核問題, 制裁, 北朝鮮, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント