20:07 2018年10月22日
安倍首相

安倍首相 北朝鮮との対話は無意味

© Sputnik / Sergei Guneev
政治
短縮 URL
6620

安倍首相は26日、参議院本会議で、朝鮮民主主義人民共和国がミサイル開発を継続している以上、北朝鮮との対話は意味を持たないと明言した。安倍首相は代表質問で公明党の山口代表の朝鮮半島情勢をめぐる質問に対し、こうした考えを明らかにした。

スプートニク日本

安倍晋三首相は、平昌五輪に向けて南北朝鮮間で対話が活発化している事実を評価しながらも、北朝鮮が以前として核ミサイル開発を続けていることから、「北朝鮮が非核化の約束をほごにして、核・ミサイル開発を進めてきた経緯を踏まえれば、対話のための対話では意味がない」と語っている。

今月9日、南北朝鮮代表らは2月の平昌五輪への北朝鮮選手団の参加について合意を結び、対話を再開。これに伴い、両国間の境界線が通る係争水域の黄海での軍事衝突を避ける目的での両国軍部間のホットラインが再開されていた。

関連ニュース

米国 対朝制裁リストを拡大 原油工業省、中国とロシア拠点の企業など対象

タグ
安倍晋三, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント