19:40 2018年12月19日
アサンジ氏の弁護士:エクアドルにはアサンジ氏を米国へ引き渡す計画がある

アサンジ氏の弁護士:エクアドルにはアサンジ氏を米国へ引き渡す計画がある

© Sputnik / Alex McNaughton
政治
短縮 URL
125

内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏の弁護士、カルロス・ポヴェダ氏は、エクアドルがアサンジ氏を引き渡す可能性があると考えている。米国、英国、エクアドルの間で、そのような合意が存在する可能性があるという。

スプートニク日本

先にウォール・ストリート・ジャーナル紙は、米情報筋の話として、米司法省がアサンジ氏を起訴する準備を進めており、米国の法廷で裁くことができると考えていると報じた。

同紙によると、米検察当局は、過去1年にわたってアサンジ氏を起訴する一連の可能性について検討してきたという。

ポヴェダ氏は通信社スプートニクに「英国、米国、エクアドルの間で接近があった。私は(3カ国)はすでに合意しており、まさにそのため、ジュリアンの(大使館からの)退去を正当化し、彼の大使館滞在を終わらせ、彼を英国当局に引き渡すプロセスを加速させるために特別な議定書が発効されたと考えている」と語った。

またポヴェダ氏は「米国は、彼を厳しく罰することを望んでいるが、それは死刑ではない。だが終身刑が言い渡される可能性があるとみている」と述べた。

関連ニュース

エクアドル検事総長 アサンジ氏の状況展開の2つのシナリオを提示

タグ
ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント