16:54 2019年02月23日
EU諸国、米国の脅しを無視してイランと貿易するための会社を登録

EU諸国、米国の脅しを無視してイランと貿易するための会社を登録

© REUTERS / Raheb Homavandi
政治
短縮 URL
0 101

フランス、英国、ドイツの政府は、米国の脅しを無視して、米国の制裁からイランとの貿易を保護するための特別な決済会社を設立した。同社はフランスで登録されており、ドイツの役人がトップを務めている。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

スプートニク日本

EC主要三カ国の仏英独は、直接的な金融取引を必要とせずに欧州企業とイラン企業の間で商品を交換することを可能にする決済チャネルを構築した

同社の主要目的の1つは、生きる上で重要な食品や医薬品をイランに手ごろな価格で輸入する可能性を提供すること。

また昨年5月にトランプ米大統領が2015年に結ばれたイラン核合意からの一方的な離脱を表明し、対イラン制裁の全面的な再開を発表した後も、イランに核合意を維持するよう決済会社の設立を通じて説得することも重要な目的とされている。

タグ
制裁, 欧州, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント