03:59 2019年08月23日

露大使館が米に関係修復を打診、ミュラー氏の報告を受けて

© AFP 2019 / Chris Kleponis
政治
短縮 URL
0 52

在米ロシア大使館はミュラー特別検察官が行った捜査報告に関連し、120頁からなる報告書を公表した。大使館側は米国大統領選で「ロシアによる干渉」があったとする数々の批判を分析し、そのいずれも根拠がないことを示した。

スプートニク日本

トランプ大統領とロシアの共謀説を否定したミュラー特別検察官の調査報告を受けて、ロシア大使館側は批判がねつ造されたものであり、「関係修復に取り掛かる時が来た」、との意向を示した。

大使館側はミュラー特別検察官による報告は露米関係修復の第一歩、と強調した。ロシア側に向けられた疑惑が根拠のないものであったことが分かった以上、2016年の大統領選における「≪ロシアによる干渉≫の事実を検証するのが合理的であろう」と大使館の報告書には記されている。

ロシア側は疑惑を最終的に払しょくし、国際安全保障に向けて共に協力する必要性を訴えた。

関連ニュース

タグ
大統領選挙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント