09:38 2020年11月25日
政治
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (170)
0 55
でフォローする

米大統領選は7日、開票作業が続いていた東部ペンシルベニア州で民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が勝利し、獲得選挙人が290人となり、当選に必要な過半数ライン(270)を超えた。米メディアが伝えた。再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は複数の州で開票を巡る訴えを起こすなど徹底抗戦の構えを見せており、当選者確定には時間がかかる可能性がある。

バイデン氏はペンシルベニア州での最新集計結果により、トランプ大統領との各票数の差を3万1000票にまで広げ、勝利を確実にした。

集計作業は続いているものの、同州でトランプ大統領が逆転する可能性はなくなった。また、バイデン氏はネバダ州でも勝利が確定した。残る一部の州でも集計作業は続いている。

バイデン氏が第46代大統領に就任すると、米国史上で最高齢の大統領となる。


米国の大統領選挙は11月3日に実施された。期日前投票はすでに一連の州で開始された。 今回の選挙は共和党推薦候補で現職のドナルド・トランプ氏と民主党推薦のジョー・バイデン氏の一騎打ちとなる。コロナウイルス感染拡大の影響で9000万人以上が期日前あるいは郵送で投票を行っているが、有権者は1億5千万強とされている。現時点で投票率は65%を超えており、1908年以来の最高水準となる。郵送投票が前例のない大規模なものとなり、結果が分かるまで数日、もしかしたら数週間を要する可能性もある。

トピック
2020年米国大統領選挙 (170)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント