11:22 2020年10月30日
オピニオン
短縮 URL
筆者 :
3102
でフォローする

新型コロナウイルスは、かつては「闇の中」にあった問題や分野に注目を向けさせた。日本の場合は、「夜の街」とりわけ「風俗業」で働く人たちにまつわる話がそうした例のひとつとなった。

「街は眠り、ウイルスは目覚める」

日本における新型コロナウイルスをめぐる状況は、3月の3連休に多くの人たちが桜の花見に出かけたときからコントロールが利かなくなり始めた。しかし、政府は専門家グループと一緒にウイルスの感染を抑制するための新たなクラスター(感染者集団)を懸命に探し続け、そして夜の産業で働く人たちに注目した。

夜の時間帯に新型コロナウイルスの感染拡大が制御できない危険性についてはじめて本格的に述べられたのは3月27日のことだった。感染症対策の権威である医師の尾身茂氏が「東京では密接に接客する夜の店での感染が最近分かってきた」と指摘した。

一方で当局は、夜の商売から生じる潜在的な脅威を最小限に抑えるために同分野で働く人々に一定の社会保障を提供することがどれほど重要であるかをすぐには認識しなかったようだ。

4月のはじめ、日本の厚生労働省は、新型コロナウイルス感染拡大の中で子どもの世話のために働けなくなった人たちへの給付金支給のリストにナイトクラブや「風俗業」の従業員を含めなかったため激しい批判を受けた。厚労省によれば、この分野で働く人々は「暴力団」や「暴力主義的破壊活動を行った、または行う恐れがある団体」と同列であるため、「公金を投じるのにふさわしくない業種との判断」となったという。

その後、4月7日に加藤厚労相は風俗業や接客を伴う飲食業で働く人も対象にすると表明した。そして同日、安倍晋三首相は7都府県に対し「緊急事態宣言」を発令した。しかし、政府はある判断ミスを犯した。日本政府は、夜の産業はこの譲歩の後に要請を聞き入れ、一時的に営業活動を休止すると考えたのだ。

自己隔離のパラドックス

驚いたことに、7都府県に「緊急事態宣言」が発令されことが、4月17日に宣言の対象が全国に拡大された原因の一つになった。それはどういうことなのか?

さらに「緊急事態宣言」が最初に発令された際、安倍首相は、国内でウイルスの爆発的な感染を引き起こすおそれがあることから、国民に他の地域への移動を控えるよう要請した。しかし、その後、一部の人たちは感染者や死者の統計が好ましくない自分たちの街を離れ、状況がより落ち着ている地域に出かけたことが判明した。彼らは、そうすることで感染から逃れられると考えた。この移動現象はすでにマスコミで「コロナ疎開」と名付けられた。

夜の産業で働く人々の場合、社会的な保障がないという問題が特に深刻であることから、まだ「緊急事態宣言」の対象となっていなかった他の地域への移転は彼らにとってそこに生計を立てるためのなんらかの可能性があることを意味した。

また、「風俗業」の複数の代表者は、リモートで娯楽サービスを提供し始めた。しかし、パンデミックの中でこれが彼らの「救命浮輪」になるかは疑わしい。

差別への対応としての差別

子どもの世話をするために仕事を休んだ保護者向けの助成制度の対象にナイトクラブと「風俗業」の従業員を含めたことは、彼らが社会的保護を受ける権利を認めるという点では小さいながらも勝利だと言える。しかし、こうした決定が実際に何らかの変化を生み出すことはなかったようだ。

風俗は偏見をぬぐえない」という考えから、女性たちが「身バレを恐れ、手続きをしない」というケースが多いことが判明した。給付金の受け取りにおいては、スティグマ(負のレッテル)の問題の他に、しばしば、手続きのために必要な書類を集めて提出することが障害となっていることがある。特に税金の確定申告は、低収入の場合、申告する人は非常に少ない。

夜の産業で働く者たちへの偏見的な態度は理解することができる。なぜなら東京では新宿渋谷といった「夜の街」が犯罪発生率でトップを占めているからだ(なお、歌舞伎町では、死角をなくさないようにする防犯カメラシステムの使用により、この10年で犯罪件数が事実上半減した)。

ホストクラブやバーなどを約20軒所有する手塚マキ氏は、相互に信頼関係を築き、逆差別の悪循環を断ち切るために、「夜の世界」の人々を社会のれっきとした一部として認める必要があると考え、次のように語っている―

「実際に差別される理由で、我々当事者の逆差別的な部分は大きいと思います。『どうせ真面目にやったって差別されるんだから』という開き直りの元、違法な行為に走る部分もあると思います。また、水商売をやる人間が悪い人間なのではなく、悪いことをする人も受け入れるのが水商売の世界です。そもそも家庭環境が悪く、教育をまともに受けてこなかった人間達など、一般社会で働けないような人間達のセイフティーネットになっているのも事実です。我々自身で、社会性を身に着けるという教育をしていくことを前提に、夜の世界が、社会の閉塞感から逃れる場所としての社会的意義がある場所であって、そこで従事している人間は社会の外の人間ではなく、社会の人間だと当たり前に認識して貰いたいと思います。」

さらに、偏見があるにも関わらず、こうした店の多くは実際には他の業種の企業と同じように税金を納めている。しかし、歌舞伎町でホストクラブやバーといった多くの店を経営し、さらに高校で先生をしたり老人介護の仕事、本屋なども経営する風俗業界の有名人である手塚マキ氏でさえ、現在も偏見により、自分の店を維持するために必要な融資を受けることができない。手塚氏は、「見た目は派手に見えても、中身は自転車操業的な企業が殆どです。そして我々の取引先は、その打撃をもろに受けることになります。現状、まだ中小企業への融資から風俗業が除外されたままなので、除外を解いてくれないと、連鎖倒産する会社がたくさん出ることでしょう。会社が融資を受けられず、スタッフを見捨てなければいけなくなることは、彼らをますます地下に潜らせることに繋がります」と説明した。

現在も夜の店が「持続化給付金」(法人は200万円、個人事業者は100万円)の形で政府から支援を受ける権利を得られるのかどうか分かっていない。いずれにせよ近いうちに明らかになるだろう。「風俗業」の経営者たちにとって、財政支援を受けるために2019年の確定申告と減収月の事業収入額を示した帳簿類などを提出するのはどのくらい現実的なのだろうか?手塚氏は次のように語った-

「一般企業よりも、ホストクラブは売り上げがホスト個人と紐づくので売り上げをごまかしづらく、二重帳簿はしづらいと思います。うちは開業した17年前からすべての会社で納税しています。ホストたちからも源泉徴収しています。報酬が高く、確定申告で追加で払う人間には強制的に確定申告もサポートしています。報酬が低く、確定申告することで還付される人間には、個人に任せています」。

4月12日、歌舞伎町を夜間に訪れる人が72%減少したと報じられた。東京都の職員たちはプラカードやハンドマイクを持って特別にこうした「夜の街」を訪れ、自宅で過ごすよう人々に呼びかけている。

しかし、新型コロナウイルスをめぐる状況は日本政府を困難な状況に追い込んでいる。こうした状況の中、政府は全ての人の安全のために、その権利を認めることが拒まれている人たちを考慮しなければならなくなるだろう。

この記事に示された見解はスプートニク編集部のものとは必ずしも一致していません。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント