19:48 2018年08月20日
カーリング女子世界選手権

カーリング女子世界選手権、ロシア代表が4位以内に

© Sputnik / Михаил Мокрушин
スポーツ
短縮 URL
0 0 0

日本の札幌でカーリング女子世界選手権が行われている。ロシアはフィンランドを下し、7勝目を上げた。第6エンドで終了、8対2だった。同じく7勝3敗の中国と3位・4位を分け合っている。

スコットランドに5対9で敗れ通算3敗を喫してからの奮戦で、まずドイツを8対2で下し、今回フィンランドも下した。
ロシア代表は中国との直接対決で予選を終える。首位は現在スイス(9勝1敗)、次いでカナダ(8勝2敗)、以下、ロシア・中国(7勝3敗)、スコットランド(6勝4敗)、日本・スウェーデン(5勝4敗)と続く。プレーオフ進出をかけた戦いである。

関連:

オリンピック金メダリストのユリヤ・リプニツカヤ選手 ロシア代表のリストから消える
エフゲニー・プルシェンコ氏 夏は日本でアイスショーに出演 試合にも復帰予定
ロシアの女子テニスプレーヤーがコートの上でプロポーズされる
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント