05:21 2018年09月25日
FIFA会長選 ブラッター氏が5期目の再選を果たす

FIFA会長選 ブラッター氏が5期目の再選を果たす

© AP Photo / Ennio Leanza
スポーツ
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 131

29日、チューリッヒで国際サッカー連盟(FIFA)の会長選挙が行われ、現職のブラッター会長が5期目の再選を果たした。1回目の投票では決まらず、再度投票が行われるかと思われたが、唯一の対立候補だったヨルダンのアリ王子が辞退し、ブラッター会長の再選が決まった。

79歳のブラッター会長は1回目の投票で133票を獲得、アリ王子は73票だった。ブラッター会長が2回目の投票で単純過半数を獲得するには十分な票だった。

FIFA会長選は史上初めて、大規模な汚職スキャンダルの波の中で実施された。スキャンダルは、W杯開催の申請、マーケティング、放送権をめぐる過去20年間における広範囲におよぶFIFAの汚職に関するもので、詐欺、恐喝、マネーロンダリングも容疑に含まれている。

スイス連邦司法警察省は27日、2018年のロシア大会、および2022年のカタール大会の開催地選出に関連して、刑事訴訟を起こしたと伝えた。ロシアとカタールは2010年に、それぞれ2018年と2022年のW杯開催権を獲得した。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)

関連:

チューリッヒ警察:FIFA議会、爆破の恐れがある
マケイン氏、FIFAに対する軍事作戦の開始を呼びかけ
ロシアのスポーツ相、FIFAは米国につりを返せ
タグ
FIFA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント