01:09 2018年12月15日
マラドーナ氏 FIFA会長選に立候補する考え

マラドーナ氏 FIFA会長選に立候補する考え

© AP Photo / Raad Adayleh
スポーツ
短縮 URL
0 40

伝説的なサッカー選手ディエゴ・マラドーナ氏は、国際サッカー連盟会長選挙に立候補する考えだ。これを発表したスポーツ評論家ヴィクトル・モラレス氏によれば「彼は、FIFAをめぐる対立に加わるより、戦うのをよしとする」。

新聞「ソヴェツキイ・スポルト」の中で、モラレス氏は、次のように述べたー

「マラドーナ氏は、ブラッター会長をめぐる汚職事件の状況を注意深く見守っている。マラドーナ氏は、立候補するだろう。なぜなら、彼はどんなにお金を払っても買収できないからだ。彼は十分に保障された人間であり、賄賂をとることはない。今プレーしている選手の大多数が喜ぶと思う。

マラドーナ氏が会長となれば、汚職がはびこることはない。なぜなら彼はアルゼンチンの汚職、とりわけサッカー界の汚職のあらゆる抜け道を知っているからだ。」

タグ
サッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント