05:03 2017年09月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    ドーピング検査容器の製造会社 容器を損傷なしに開けることは不可能と発表

    ドーピング検査容器製造会社の代表者:容器を損傷なしに開けることは不可能

    © Fotolia/ motorlka
    スポーツ
    短縮 URL
    ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (57)
    2704122

    ドーピング検査容器製造会社の代表者クラウス・メッツラー・エックマン氏は、容器を損傷なしに開けることは不可能だと述べた。これはリチャード・マクラーレン氏率いる世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の委員会が発表した報告データと異なっている。

    Klaus Metzler Eckmann社の代表ハンス・クラウス氏は、「我々の容器は最高水準の安全性を有しており、スイスの会社1社と複数の政府機関のテストを受けている。我々は、WADAの委員会メンバーが容器を開けるためにどのような方法を使ったのか知らないが、我々の調査によると、容器を目に見える損傷なしに開けるのは不可能だ」と語った。

    先にWADAは、国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会、そしてすべての国際スポーツ連盟に、ロシア人選手の国際大会への参加を拒否するよう勧告した。

    トピック
    ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (57)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント