22:57 2018年12月16日
ポーランド選手ピョートル・マラホフスキー氏

五輪銀メダリスト、病気の少年の手術のためメダルを売却

© REUTERS / Ivan Alvarado
スポーツ
短縮 URL
0 202

リオ五輪円盤投げで銀メダリストとなったポーランド選手ピョートル・マラホフスキー氏は、病気の少年を助けるためにメダルを売却した。選手が19日にFacebookで述べたが、メディアはしばらく後にそれに注目を集めた。

「五輪メダル獲得はアスリートの夢だ。金が最も価値あるメダルであることは明らか。私はそれをとるためにすべてをした。今回はだめだった。眼窩腫瘍を2歳から患っている少年の母親が私に近づいてきた。私は助けることを決め、オークションにメダルを出品した。収益はすべて少年の治療に当てられる」と選手。

メダルは8万4000ドルで競売にかけられた。ポーランドで最も裕福な家族のひとつがこれを獲得。資金はニューヨークで行われる手術に向けられた。その費用は12万6000ドルだった。

先に伝えられたところによるとロシアはオリンピックと同等の賞与をもつパラリンピック選手のための特別なイベントを開催する

関連:

ロシア人選手のパラリンピック出場取消は「非人間的」、ベトナムのコメンテーターが非難
日本、五輪を経済成長と関連づける
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント