08:43 2019年08月23日
モスクワでサッカーW杯組み合わせ抽選会

ロシア抜き? サッカーW杯ロシア大会を主催国なしで開催する提案

© Sputnik / Alexander Wilf
スポーツ
短縮 URL
1124

アンチドーピング機関のiNADOのジョゼフ・デ・ペンシエ会長は、国際サッカー連盟(FIFA)はロシア人選手のドーピングに関する捜査を開始し、2018年のサッカーW杯ロシア大会へのロシアの参加を拒否することも厭わない態度をとるべきだとの見解を表した。インディペンデント紙が引用して報じた。

スプートニク日本

「FIFAはこの状況を早急に調べる義務がある。さもなくばサッカーW杯ロシア大会で大きな問題が起きる。FIFAにはいち早く本質を見極めねばならない根拠がある。」ペンシエ会長はこう述べ、サッカーW杯ロシア大会をロシアを抜きにして行うことを提案した。

「いかなる国際競技もどこかの国が参加せずとも続行することは可能だ。ロシアでワールドカップを行うことができないことにはならない。実践ではこれは想像に難いが、(W杯をロシアの参加なしでロシアで開催することは)できないことではない。」

これより前のBBCの報道によれば、FIFAのインファンティーノ会長はロシアのサッカー代表団にはドーピング使用の痕跡は見られないとの声明を表していた。

関連ニュース

2018年のロシアW杯

タグ
スポーツ, 2018年のロシアW杯, FIFA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント