06:14 2018年07月22日
羽生選手羽生選手

羽生選手、痛み止めを使って金メダルを獲得【写真・動画】

© AFP 2018 / Toru Yamanaka © REUTERS / Toru Hanai
1 / 2
スポーツ
短縮 URL
134

平昌冬季五輪のフィギュアスケート・男子シングルで金メダルを獲得し、66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦選手が27日、東京の外国特派員協会で記者会見に臨んだ。

スプートニク日本

羽生選手は金メダルについて、一般の人々が思っている価値が大きいためとても重く感じると語った。

​また数か月前に右足首の靱帯を損傷した羽生選手は、痛み止めを使って金メダルを獲得したことを明らかにした。痛みは20~30%ほどしか落ちていないという。

​また羽生選手は、次の北京オリンピックについては未定だが、もし出場するなら勝ちたいとの意欲を示した。

さらに2011年東日本大震災の被災地、宮城県仙台市出身の羽生選手は、被災地の人々が勇気を得たり、笑顔になるきっかけになればいいなと思っていたと話し、改めて宮城の復興に携わりたいと語った。

話題のスポーツニュース&関連ニュースはぜひ、「スプートニク日本」のオリンピック特集ページでご覧ください。

関連ニュース

ユヅ、最高! SP首位にロシア人ファンらから雨あられの祝辞

首相が羽生選手に電話 金メダルを祝福

首相「五輪連覇に感動」と投稿【写真】

タグ
スポーツ, 五輪, フィギュアスケート, 羽生結弦, 日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント