11:13 2019年12月15日
大坂なおみ選手【アーカイブ写真】

大坂なおみ選手、2020年東京五輪に日本代表として出場するため米国籍を放棄

© 写真 : Edgar Su
スポーツ
短縮 URL
0 101
でフォローする

テニス界のスター、大坂なおみ選手は、2020年東京五輪に日本代表として出場するため、米国籍を放棄することを選択した。マスコミが報じた。

大坂選手は1997年10月16日に大阪で生まれた。父親はハイチ出身、母親は日本人。姉の大坂まりさんもプロテニス選手。大坂選手が3歳の時、家族が米フロリダに移住した。

大坂選手は現在、女子テニスWTA世界ランキングで、アシュリー・バーティ選手(オーストラリア)とカロリーナ・プリスコバ選手(チェコ)に続いて3位。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от 大坂なおみ (@naomiosaka)

日本の法律によると、日本の国籍と外国の国籍を有する人は、22歳に達するまでにいずれかの国籍を選択する必要がある。

大坂選手は10月16日に22歳になる。NHKによると、大坂選手は日本国籍を選択する手続きを行ったことを明らかにした。

タグ
テニス, 大坂なおみ, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント