06:18 2020年04月10日
スポーツ
短縮 URL
テニス 全豪オープン2020 (25)
0 10
でフォローする

テニス全豪オープンでロジャー・フェデラー選手(スイス)が準決勝進出を決めた。テニス・サングレン選手(米国)との対戦では7度のマッチポイントをしのぎ、6-3、2-6、2-6、7-6、6-3のフルセットで死闘を制した。

フェデラー選手のこれほどの激戦は2003年のシンシナティでの対スコット・ドレーパー(豪)以来。

これでフェデラー選手のグランドスラム準決勝進出は46回目となり、自身がもつ男子シングルの記録を更新した。

AP通信によると、フェデラー選手は「これ(準決勝進出)に相応しいことをしていないが、ここに立ち、とても幸せ。たまにはラッキーも必要。7回のマッチポイントでは全てをコントロールできない」と語ったという。

フェデラー選手は次、ノバク・ジョコビッチ選手(第2シード、セルビア)VSミロシュ・ラオニッチ選手(ランキング32位、カナダ)の勝者と全豪オープン決勝をかけて争う。

関連記事

全豪オープン ダニール・メドベージェフ、準々決勝進出ならず

トピック
テニス 全豪オープン2020 (25)
タグ
スポーツ, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント