18:04 2020年09月29日
スポーツ
短縮 URL
0 11
でフォローする

アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は、現在スペイン「バルセロナ」でプレーするリオネル・メッシ選手が現役最後のクラブにアルゼンチン「ニューウェルズ・オールドボーイズ」を選べば国民は喜ぶだろう、と語った。西スポーツ紙「Marca」が伝えた。

フェルナンデス大統領は「メッシは私たちの心の中にある。メッシを我が国で見る機会はこれまで得られなかった。私たちを喜ばせて欲しい、ニューウエルズ・オールドボーイで現役引退を飾って欲しい。メッシのホームクラブだ」と述べた。

これより前、メッシ選手は「バルセロナ」退団の希望を表明。一方で「バルセロナ」は無償で同選手を手放す気はないが、移籍金2億8千万ユーロ(約351億円)で放出する旨を提示。報道によると、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンFCが獲得に関心を示しているという。

メッシ選手はこれまでの競技生活を「バルセロナ」1本で送ってきた。

13歳で「バルセロナ」に所属するまで、生まれ故郷ロサリオ市のニューウエルズ・オールドボーイのジュニアチームで過ごした。アルゼンチン代表としては138試合に出場、70得点を記録している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント