10:52 2021年02月28日
スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (233)
0 110
でフォローする

国際オリンピック委員会のディック・パウンド委員は、共同通信のインタビューに対し、今夏に予定されている東京オリンピック・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)に中止するつもりはないが、観客を日本在住者に限ることも選択肢の一つだと指摘した。共同通信が報じた。

共同通信によると、IOCの最古参委員であるパウンド氏は、今年の夏に予定されている東京五輪・パラリンピックについて「IOCに中止するつもりはない。開催できない理由はない」と述べた。

また同氏は、新型コロナウイルスの感染予防策として、観客は日本在住者のみとすることも「確実に一つの選択肢だ」と指摘した他、3月25日に福島県でスタートする聖火リレーについても、リスクが高すぎると考えられる場合には短縮が可能であり、「必要ならば中止もできる」と述べたという。

パウンド氏はまた、五輪を開催するか否かの判断については、春以降との見通しを示し、「3月は冬の終わりで(まだ)ウイルス感染のリスクがある悪い季節だが、4月、5月と良くなる。その兆候もまた励みになる」と語った。

またパウンド氏は、日本での世論調査でオリンピック開催の見直しを求める声が大半となっていることについては、日本政府による国民への丁寧な説明が重要だとの考えを示したという。

​関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (233)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント