02:40 2021年03月07日
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

テニスの全豪オープン、女子シングルスの準々決勝で日本の大坂なおみ(23)が台湾の謝淑薇(シエ・スーウェイ、35)を破った。

試合は6-2、6-2で終了し、大坂が準決勝進出を果たした。

​大坂は世界ランキング3位で、2019年全豪オープンの覇者。淑薇は世界ランク71位。

​準決勝で大坂は、世界ランク10位のセリーナ・ウィリアムズ(米)と2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)の試合の勝者と対戦する。

全豪オープンは21日まで行われる。大会は当初、1日最大3万人に制限して観客を入れていたが、開催地のメルボルンで新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、13日から無観客で行われることになった。

関連ニュース

タグ
大坂なおみ, テニス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント