20:33 2021年09月21日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 10
でフォローする

東京オリンピックの新競技、空手の女子形で、スペインのサンドラ・サンチェスハイメ選手が日本の清水希容選手を破り、オリンピックの空手競技で史上初の金メダルを獲得した。

サンチェスハイメ選手は決勝で清水選手と対戦した。サンチェスハイメ選手のポイントは28.06、清水選手は27.88だった。銅メダルはイタリアのビビアナ・ボッタロ選手と香港の劉慕裳選手。

空手は東京オリンピックで初めて正式種目に採用された。空手女子欧州チャンピオンのロシアのアンナ・チェルニシェワ選手は、新型コロナウイルス検査で陽性反応となり、東京オリンピックに出場することができなかった。

関連記事

タグ
五輪, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント