22:51 2021年09月20日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 03
でフォローする

東京パラリンピック選手村で26日午後、巡回中の自動運転バスと柔道男子日本代表の北薗新光(きたぞのあらみつ)選手(30)が接触する事故があった。北薗選手は視覚障害があり、接触した際に転倒し全治2週間のけがを負ったという。日本のメディアが伝えた。

警視庁によれば26日午後2時頃、北園選手が村内の横断歩道を渡っていたところ、交差点を右折してきたバスと接触した。その後、北薗選手は診療所で治療を受けたという。

当時、車内にはオペレーター2人と乗客5人が乗っていたが、いずれもけがはなかった。

同庁の調べに対しオペレーターは「選手に気づくのが遅れた」と話しており、また横断歩道に立っていた交通整理の警備員も「人がいることには気づいていたが、(バスが来たことを認識して)横断をやめるだろうと思った」と説明しているという。

北薗選手は3大会連続でパラリンピックに出場。今大会では、28日に日本武道館で行われる男子81キロ級の試合に出場する。

関連記事

タグ
日本, スポーツ, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント