12:42 2018年11月14日

日本人のNoko Nishigakiさん(9)は、父親を倣ってタトゥー職人になった。初めてタトゥーを入れたのは6歳の時。それから3年が経過した今、Nokoさんには大勢のクライアントがいる。

スプートニクに本

Nokoさんのお気に入りのモチーフは、鳥。さまざまな鳥のぬいぐるみをたくさん持っている。またペットの鳥もいるが、最近オランダのアムステルダムへ引っ越したため、今は日本にいる祖父母が鳥の面倒を見ている。

Nokoさんはインスピレーションを得るために、さまざまな種類の鳥が詳細に描かれているジョン・ジェームズ・オーデュボンの本をよく見るという。

練習にはオレンジを使う。また父親の身体に直接描くこともある。

なおNokoさんは、仕事に対して決して支払いを受け取らない。Nokoさんの唯一の願いは、身体に美しいラインを描くこと。

皆さんは、こんなタトゥーを入れてみたいですか?

タグ
動画, タトゥー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る