11:32 2019年01月21日

日本人のNoko Nishigakiさん(9)は、父親を倣ってタトゥー職人になった。初めてタトゥーを入れたのは6歳の時。それから3年が経過した今、Nokoさんには大勢のクライアントがいる。

スプートニクに本

Nokoさんのお気に入りのモチーフは、鳥。さまざまな鳥のぬいぐるみをたくさん持っている。またペットの鳥もいるが、最近オランダのアムステルダムへ引っ越したため、今は日本にいる祖父母が鳥の面倒を見ている。

Nokoさんはインスピレーションを得るために、さまざまな種類の鳥が詳細に描かれているジョン・ジェームズ・オーデュボンの本をよく見るという。

練習にはオレンジを使う。また父親の身体に直接描くこともある。

なおNokoさんは、仕事に対して決して支払いを受け取らない。Nokoさんの唯一の願いは、身体に美しいラインを描くこと。

皆さんは、こんなタトゥーを入れてみたいですか?

タグ
動画, タトゥー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 銀河ステーション? はたまたホテル? クリミア半島に変わったホテルがオープン
    アップデート: 2019年01月18日 19:10
    2019年01月18日 19:10

    銀河ステーション? はたまたホテル? クリミア半島に変わったホテルがオープン

    クリミア半島のアルシタ市に変わったホテルがオープンした。ここでは訪問者は宇宙の世界にひたることができる。建物の中にはホテルのほかにミュージアムと娯楽センターがある。

  • 古代洞窟のレストラン ガラスの床もテーブル越しに崖を鑑賞
    アップデート: 2019年01月15日 22:57
    2019年01月15日 22:57

    古代洞窟のレストラン ガラスの床もテーブル越しに崖を鑑賞

    このレストランにはつるんとした現代的なインテリアはない。数百万年も前からここにある岩や崖が装飾の代わりをしている。レストラン開店を思い付いたのはこの洞窟を見つけた地球物理学者。目論見はこの場所により多くの人の関心をひきつけるため。

  • 落ち葉をどうしよう?アートに変えよう!
    アップデート: 2019年01月07日 18:30
    2019年01月07日 18:30

    落ち葉をどうしよう?アートに変えよう!

    中国人女性レイ・ティン(Lei Ting)さんは落ち葉とデザインナイフで切り絵を作る。ある時散歩していたティンさんは虫に食われた落ち葉を見つけた。変わった模様にインスピレーションを得た彼女は虫と「競い合」おうとした。今では落ち葉を用いて伝統的な中国の模様を切り抜いている。さらに落ち葉を使ったコミックスも作り上げようとしている。

  • インドの画家、乾燥させたイチジクの葉に詳細な肖像画を描く
    アップデート: 2019年01月03日 14:33
    2019年01月03日 14:33

    インドの画家、乾燥させたイチジクの葉に詳細な肖像画を描く

    インドの画家サンデシュ・ランネカールさんは、乾燥させたイチジクの葉に驚くほど詳細な肖像画を描いている。約40日間かけて葉を準備した後、数日かけて作品を描く。