20:17 2019年04月24日

障害を抱えた人々が社会生活に参加するのを支援するため、ロボットウェイター「OriHime-D」が開発された。外出することができずに自宅にいる人が、カフェ内のロボットを遠隔操作し、そうすることで客に応対する。

スプートニク日本

このようなロボットは、障害を抱えた人々のために新たな可能性を切り開く。第1に、そのような人々が孤立状態と闘うことを手助けし、第2に、就職して賃金を得ていくチャンスを与えるのだ。

このロボットウェイターは身長が1.2メートル、重さは20キロ。ロボットによって記録された映像と音声の送信には、インターネットが利用される。そうすることで、障害を抱えた人々は、コンピューターやタブレットを通じて自宅からロボットを操作することができる。

タグ
動画, テクノ, ロボット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士
    アップデート: 2019年04月23日 20:31
    2019年04月23日 20:31

    仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士

    日本における囲碁の史上最年少プロ棋士となった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)のデビュー戦が22日、大阪で行われ、仲邑初段が大森らん初段(16)と対戦した。

  • 「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名
    アップデート: 2019年04月10日 19:31
    2019年04月10日 19:31

    「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名

    ロシア・沿海地方のスレドニャヤ湾にシャチややベルーガ(シロイルカ)が閉じ込められている所謂「イルカ監獄」の問題で、フランスの海洋学者ジャン=ミッシェル・クストー氏と沿海地方のコジェミャコ知事は、「イルカ監獄」から動物を解放する合意に署名した。8日、沿海地方で発表された。

  • 研究者垂涎のインド洋の無人島
    アップデート: 2019年04月06日 19:43
    2019年04月06日 19:43

    研究者垂涎のインド洋の無人島

    インド洋に浮かぶアストーヴ島は群島諸国セーシェルに帰属するが、他の島からおよそ1千キロ離れた無人島だ。この島の独特の生態系が研究者の関心を引いた。

  • 世界最大の石仏が再び公開される
    アップデート: 2019年04月02日 20:47
    2019年04月02日 20:47

    世界最大の石仏が再び公開される

    中国の楽山市にある世界最大・最長の石仏が、6カ月の修復工事を終え、再び公開された。