05:18 2021年05月08日
© Sputnik

兵庫県姫路市の駅前に佇む「cat cafe ねこびやか -黒猫cm-」は、世界で唯一の黒猫専門の猫カフェ。中へ入ると、ジブリ映画「魔女の宅急便」に登場する黒猫・ジジのように真っ黒で可愛い猫たちが迎え入れてくれる。 

現在カフェに在籍しているのは11匹の黒猫。そのほとんどが、以前は保健所に収容され殺処分予定となっていた猫たちだ。

オーナーの八木絢子さんは、そんな彼らを引き取り、カフェで大切に育てながら里親を募集している。八木さんはこのカフェを始めた理由について、「保健所で黒猫が殺処分されている現実と黒猫好きの人たちをつなげたいと思った」と語っている。

日本では古来から福猫として親しまれているものの、世界では縁起が悪いとされいている黒猫。八木さんは「色の違いはあるけれど、同じ生き物。皆さんにも愛していただけたら嬉しい」とコメントしている。

料金は1時間1000円。お菓子を食べたり漫画を読んだりしながら、黒猫たちと一緒にゆっくりと過ごすことが出来る。

タグ
ネコ, 動物, 日本, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年04月30日 22:20
    2021年04月30日 22:20

    今週のニュース 4月24日―4月30日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • アップデート: 2021年04月29日 14:35
    2021年04月29日 14:35

    無人でも温かい歓迎を 日本のIT企業が等身大「アニメAIアシスタント」を開発

    バーチャルロボットの製作を手がける日本のITベンチャー企業「Gatebox」は、等身大の3Dキャラクターを映し出すことのできる装置「Gatebox Grande」を開発し、東京都内で発表会を行った。

  • アップデート: 2021年04月26日 18:01
    2021年04月26日 18:01

    原発事故から35年 汚染の残る町、プリピャチの今

    ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で人類史上最悪の原発事故が起きてから、今日で35年を迎えた。原発から約4キロ離れたプリピャチ市は当時、原発で働く労働者やその家族が暮らす町だったが、事故発生後、ほぼ無人の街となった。この町は現在も立ち入り禁止区域に指定されており、事故の影響が残っている。

  • 今週のニュース 4月10日―4月16日
    アップデート: 2021年04月16日 20:13
    2021年04月16日 20:13

    今週のニュース 4月10日―4月16日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。