21:14 2021年06月15日
© Sputnik

長年タクシー運転手として働くなど車とともに人生を歩み、このほど運転免許を返上した93歳の男性。そんな男性が、今度はレースゲームで華麗なハンドル手さばきを披露する姿がネットで公開され、YouTubeで人気者となっている。

千葉県に住むウラベさんは現役時代、タクシー運転手やドライバーとして働き家族を支えていた。しかし80歳を過ぎたころ、自主的に運転免許を返納。車と歩んできた生活に終止符を打った。

そんな折、孫の山本さんが自分用にレースゲーム用のハンドルやアクセルなど一式を購入。これがウラベさんがもう一度車を運転をするきっかけとなった。

ウラベさんは現在、モニターの前で現役時代さながらのハンドルさばきでゲームをプレイ。そして乗っているのは、かつての愛車マツダのサバンナRX7だ。そんなウラベさんの動画は、YouTubeで300万回以上再生されるほど注目を浴びることに。

再びハンドルを握るようになり、より元気になったといウラベさん。山本さんは「幸せにプレイし余生を楽しんでくれることが何よりの幸せです」と語っている。

タグ
日本, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る