16:51 2020年10月30日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 80
でフォローする

やむを得ず左前足と左後足を失ってしまった一匹の犬。しかし、そんなハンデをものともせず、公園で元気いっぱいに走り回る姿を米ペンシルバニア州の慈善団体がインスタグラムで公開した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Lucky & Cyrus & Deuce (@2legdogs)

デュースはケンタッキー州東部の排水溝にいたところを保護された。そのときにはすでに2足は骨折し感染症にかかっていたという。救助隊は必死に治療を行なったものの、切断を余儀なくされた。

しかし、デュースは驚くべき回復を見せ、今ではこの動画のように2足だけで駆け回れるほどだ。

担当者はインスタグラムに「デュースは、私たちはいかなることも克服することができるということを思い出させてくれる」とコメントを残している。

タグ
, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • シロイルカと戯れるダイバー
    アップデート: 2020年10月29日 21:15
    2020年10月29日 21:15

    ロシアのダイバー、シロイルカと戯れる

    ロシア極東、ウラジオストク沖に浮かぶポポフ島近くの海を泳いでいたダイバーが、人懐っこいシロイルカに遭遇した。

  • ボストン・ダイナミクス社の犬型ロボット
    アップデート: 2020年10月28日 22:22
    2020年10月28日 22:22

    ボストン・ダイナミクス社の犬型ロボット チェルノブイリで運用テストを実施

    米国のロボット開発企業ボストン・ダイナミクス社が開発した四足歩行ロボット「スポット」が、チェルノブイリ立入禁止区域で放射線量を測定する様子を撮影した動画が公開された。

  • オレオ貯蔵庫
    アップデート: 2020年10月27日 23:53
    2020年10月27日 23:53

    オレオ、小惑星の接近に備え地下貯蔵庫を建設

    今年8月、「2018 VP1」と名付けられた小惑星が11月に地球に最接近するというニュースが世界中を駆け巡った。しかし、大気圏に突入する確率は1パーセント未満。これといって心配する必要はない。それでも万が一の事態を想定し、来る日に備える企業があった。そう、皆大好きあのクッキーブランド、オレオだ。

  • ボブキャットとウッドチャック
    アップデート: 2020年10月24日 02:06
    2020年10月24日 02:06

    ボブキャットとウッドチャック、裏庭で邂逅

    動物たちの種族を超えた対決が、またもや米国で繰り広げられた。