22:26 2021年06月15日
ビデオクラブ
短縮 URL
0 10
でフォローする

中国南西部の雲南省で、自然保護区から逃げ出した15頭のアジアゾウの群れが、畑を荒らしたり民家を破壊するなどして周辺地域に混乱をもたらしている。

15頭のゾウはことし4月、雲南省とミャンマーとの境界近くにある西双版納(シーサンパンナ)自然保護区から逃げ出した。以来ゾウの群れは約500キロほど移動し、ついに省都の昆明(こんめい)市まであと約20キロの地点まで到達した。

CCTV(中国中央電視台)の報道をもとに英ガーディアン紙が報じたところによると、ゾウの群れはこれまでにトウモロコシ畑など約56ヘクタールの農作物を荒らし回り、経済損失は推定680万元(約1億1700万)に上るという。

今のところ犠牲者は出ておらず、地元住民らは食べ物でゾウを誘導したり、トラックで道路を封鎖したりして対策をとっている。

また新華社通信によると、保護区内の環境の変化によりゾウが人里へ出没するようになり、農作物に危害を加えるという報告が増えているという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る