00:00 2017年12月14日
東京+ 6°C
モスクワ+ 4°C
    メキシコのコリマ火山、活動活発化で危険度が上昇

    メキシコのコリマ火山、活動活発化で危険度が上昇

    © AFP 2017/ Hector Guerrero
    国際
    短縮 URL
    0 20

    メキシコではコリマ火山の火山活動が活発化したことをうけ、非常事態体制が宣言された。19日、リアノーボスチ通信がメキシコ内務省の情報を引用して伝えた。

    メキシコ内務省は、非常事態宣言は火山活動の活発化をうけてのものと強調。コリマ州の5つの地区で宣言が発令されている。

    コリマ火山は7月12日、前触れもなく、急激に活動を活発化させた。専門家らは、活動の特徴は1913年に起きた大噴火の前触れに似ていると指摘している。

    火山付近の居住区からは数百人がすでに避難させられている。

    コリマ火山はメキシコ版「ベズビオ火山」の異名を持つ。北米大陸にある活火山では最大級に数えられ、標高4000メートル、火口の直径は600メートルもある。

    コリマ火山の火山活動はかなり活発で、1576年から現在までの間の噴火回数は40回を越す。2015年1月22日の噴火では高さ10キロの火山灰の柱が噴き上げられている。

    タグ
    火山, メキシコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント