17:44 2019年08月21日
「IS」テロリストら 人間の臓器売買を開始

「IS」テロリストら 人間の臓器売買を開始

© AP Photo /
国際
短縮 URL
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
0 110

イラク北部のモスルが「IS(イスラム国)」の戦闘員らにより占領された後、この町から避難を余儀なくされたクルド民主党のスポークスマン、サイド・マムズィニ氏は、ラジオ・スプートニクのインタビューに応じた中で「IS」のメンバー達が行っている人間の臓器売買について語った。クルド民主党スポークスマンによれば、テロリストらは、臓器の摘出と販売を目的とした「特別病院」をオープンさせた、との事だ。

マムズィニ・スポークスマンは次のように伝えている―

「テロリストらは、今年の7月13日に、イラクの元指導者サダム・フセインの名を冠した病院を開設した。手術は『IS』の医師達が行っている。彼らは、地元の住民から臓器を摘出している。それらは臓器を必要とする豊かな患者達に売られている。モスルの住民達は貧しく、人々の中には、餓死しないために自分の臓器を売らなくてはならない人もいる。彼らは『仕事もなく、町の外にも出られず、仕事を見つける事が出来ない』と訴え『だから、自分の臓器を売る以外に残された道はないのだ』と説明している。テロリストたちにとって、相手が女性であろうが子供であろうが、老人であろうが、そんなことは重要ではない。誰の臓器であっても抜き取る。捕虜や囚人もそうだ。彼らは、殺すと脅されたり、引き換えに自由にしてやると言われて、臓器の摘出に同意する。

テロリストらは、臓器を400万ディナール(米ドルで約3500ドル)で買い取り、それをはるかに高い値段で売る。取引は、事実上イラクのあらゆる場所で行われている。そして我々は『IS』の戦闘員らが、買い取った臓器をシリアに運んでいることを知っている。」

またクルド民主党のスポークスマン、マムズィニ氏は、モスルの住民の多くが『IS』戦闘員により町が奪われた後、逃亡したと述べ―「『IS』がやってくるまでは、モスルの人口は400万人だったが、町がテロリストに占領された後は、多くの住民が逃げ出した。その結果、現在モスルには、100万を少し超えるほどの人しか住んでいない」と指摘した。

トピック
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

関連:

対「イスラム国」闘争にロシア=イラン戦線
移民に紛れ、「イスラム国」テロリスト2万人が欧州へ
「イスラム国」戦闘員ら自分達で化学兵器を製造か?
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント