04:32 2020年01月20日
国際
短縮 URL
1260
でフォローする

ロシア航空宇宙軍のSu34による攻撃で、シリアの「イスラム国(IS)」の司令部は機能不可能な状態に陥り、テロリスト養成に使用されていたインフラは完全に破壊。ロシア国防省公式報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将が明らかにした

ラタキア付近の空港のロシア軍用機
© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
ラタキア付近の空港のロシア軍用機
「10月1日、Su34はマダン・ジャディド居住区にあるIS養成キャンプおよび、ラッカ市南西部カセルト・ファラッジ地区にあるカモフラージュされた司令部を空爆した。」

ラタキア付近の空港のロシア軍用機
© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
ラタキア付近の空港のロシア軍用機
空爆の結果、IS戦闘員の司令部は機能不可能な状態に陥り、テロリスト養成用のインフラは完全に破壊された。

 

関連:

ロシア外務省「シリア空爆は、イスラム過激派がコントロール下に置いている地域外では行われない」
これぞ情報戦争:ロシアの対「イスラム国」戦を叩く偽写真が発表
ロシア大統領府:外国ではシリアにおける作戦について事実を歪曲した情報が非常に多い
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント