19:53 2018年09月21日
三菱

三菱自動車社長「燃費スキャンダルが社の存続を危機にさらす可能性がある」

© Flickr/ Nikita Novozhilov
国際
短縮 URL
151

26日、三菱自動車の相川哲郎社長は、東京での記者会見で、燃え上がった燃費不正問題が、会社の存続を脅威にさらす可能性があることを認めた。

トヨタ
© Sputnik / Владимир Астапкович
相川社長は「誤った数字をもとに購入させて本当に申し訳ない」と陳謝した上で「こうした状況は、会社の存続を脅かすものだ」と述べた。

先に三菱自動車の代表らは、1991年から25年間にわたり、自動車の燃費テストの際に不正を行ってきた事を認めた。

不正なデータにより、いくつかのモデルの燃費は、実際より低いものとなっていた。

関連:

ホンダ 2015年度の生産台数 過去最高を記録
三菱自動車 1991年から燃費試験で不正
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, 自動車, 三菱, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント