15:06 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    イスラエル

    日本に続きイスラエルもユネスコとの協力を一時停止

    © Flickr/ David Poe
    国際
    短縮 URL
    32316

    イスラエル、エルサレムの聖地に関するユネスコ決議採択後、ユネスコとの協力を一時停止した。

    イスラエルのベンネト教育相はユネスコのイリナ・ボコヴァ事務局長に対し、ユネスコがユダヤ民族とエルサレムの数千年にわたる関係を無視しているとする抗議状を送った。

    ベンネト教育相はまた、ユネスコは「イスラム主義者らのテロ」を支持しているとしてこれを非難している。

    ベンネト教育相はイスラエル国家ユネスコ交流委員会の委員長も兼任しており、委員会にはユネスコとのあらゆる相互関係を一時停止するよう通達している。現地のハアレツ紙が報じた。

    13日、ユネスコの24人のメンバーは「占領されたパレスチナ」決議を支持。決議にはエルサレムの聖地にイスラム教徒は入れないことが非難されている。

    イスラエルはこの決議を侮辱と受け止めた。ハアレツ紙は決議文には聖地の名称がイスラム教上の表記で記されているほか、ユダヤ民族にとって重要な記念碑が記されていないと指摘している。

    先の報道では、日本は国連教育科学文化機関(ユネスコ)への分担金支払い停止した。

    関連:

    プーシキン美術館の敏腕キュレーター、外務大臣表彰受賞!日本美術への愛が結実
    東京五輪種目に釣りが含まれる可能性
    タグ
    国連, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント