07:22 2018年09月22日
石炭

国連加盟諸国、2050年までに完全に石炭使用を止める

© Sputnik / Alexey Kudenko
国際
短縮 URL
1010

気候保護に関する国連会議の参加者らがパリ気候協定の実施のための行動計画を策定した。ドイチェ・ヴェレが報じた。

特に気候変動の影響を強く受けている48カ国は「できるだけ早く」遅くとも2050年には完全に石炭使用を止め、再生可能エネルギー源に切り替えることを見込んでいる。参加者の目標は1.5度以上の温暖化を防ぐことだ。

また、ワシントンに気候保護に関して十分な経験を持っていない諸国にアドバイスを行う小規模なパートナーオフィスを作ることも決まった。

「これまで150カ国が気候保護の計画を策定したことはない」とドイツ環境大臣バーバラ・ヘンドリックス氏。

関連:

気候学者ら:グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸した
膨大な数のプラスチックボールがカリフォルニアを干ばつから救う(動画)
タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント