02:54 2018年12月13日
イスラエル、決議に抗議し国連拠出金を一部凍結

イスラエル、決議に抗議し国連拠出金をカット

© Sputnik /
国際
短縮 URL
176

イスラエルの国連代表部は、国連安全保障理事会がイスラエルの入植活動を非難する決議を採択したことに抗議して、国連拠出金の一部、約600万ドル(約7億円)の拠出を凍結するとフェイスブックで発表した。

昨年12月末、国連安保理事会は、イスラエルが、東エルサレムなどのパレスチナの占領地で入植地を建設することを止めるよう求めた決議案を採択した。イスラエルの度々の呼びかけに関わらず、米国は拒否権を行使せず、投票を棄権するという異例の対応に出た。イスラエルのネタニヤフ首相は、決議案に従うつもりはないと発言。

イスラエルはまた、この決議案に賛成票を投じた諸国との関係を一時制限することも明らかになった。

イスラエルと国連の関係が悪化したことはこれが初めてではなく、先に同国政府はユネスコとの協力関係停止を発表した。

関連:

潘基文国連事務総長 自分をシンデレラに例える
国連委員会、アレッポ人道物資運搬車列への攻撃者を特定できず
タグ
国連, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント