21:16 2018年02月19日
東京+ 7°C
モスクワ-3°C
    イスラエル ヒューマンライツウォッチへの労働許可書発行を拒否

    イスラエル ヒューマンライツウォッチへの労働許可書発行を拒否

    © Sputnik/ Vitaliy Belousov
    国際
    短縮 URL
    0 34

    イスラエル内務省は人権擁護組織「ヒューマンライツウォッチ」がパレスチナのプロパガンダを支持したとして組織へのビザ発給を拒否した。同内務省のコミュニケが発表した内容をヒューマンライツウォッチのサイトが明らかにした。

    ヒューマンライツウォッチのコミュニケによれば、イスラエル内務省は2月20日に発行した書簡でイスラエルおよびパレスチナのヒューマンライツウォッチ代表事務所のオマル・シャキル代表への労働許可書発行を拒否。その理由をイスラエル内務省は「組織の社会活動とレポートはパレスチナのプロパガンダに都合のよい政治と結びついて」いることから、これは「真の人権擁護グループではない」と説明している。

    ヒューマンライツウォッチのライアン・レヴィン副執行役はイスラエル政権の決定について失望させられたとコメントし、「こうした決定と疑惑に満ちた説明はイスラエルが民主主義の価値に忠誠であるかを憂慮する各人に警戒心を呼び起こすもの」と語っている。

    なお先にイスラエルがユネスコとの協力を一時停止したと報じられた。

    タグ
    イスラエル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント