10:19 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C

    法王、治安実現ため南スーダン訪問検討

    © AFP 2017/ Alessandro Bianchi
    国際
    短縮 URL
    110322

    ローマ法王フランシスコは26日、内戦が続く南スーダンを訪れる可能性を検討していると述べた。共同通信が報じた。

    時期など具体的な内容は語らなかった。同国のカトリック司教団が昨年10月に訪問を要請し、法王も前向きな姿勢を示しているとされる。ただ、治安上の懸念もあり、実現するか不透明だ。

    南スーダン各地では戦闘が続き、危機的な食料不足に陥っている。法王は日ごろから南スーダンなどアフリカの情勢を憂慮し、対話を通じた和解と平和の構築を呼び掛けている。

    法王は今年5月にポルトガル、年内にインドとバングラデシュを訪れる予定で、アフリカ訪問も計画しているとされる。

    タグ
    ローマ法王, 南スーダン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント