14:31 2018年07月21日
国連、1945年以来最大の人道危機を発表

国連、1945年以来最大の人道危機を発表

© AFP 2018 / Robert Atanasovski
国際
短縮 URL
217

世界は1945年以来最も深刻な人道的危機を経験している。4カ国で2000万人以上が飢えで苦しんでいる。AP通信が、スティーブン・オブライエン国連人道問題担当事務次長の発言を報じた。

オブライエン氏は、国際機関からの「世界的な協調した取り組み」抜きではこれらの人々は単に死んでいくと説明。氏によると、その惨事防止には、イエメン、南スーダン、ソマリア、ナイジェリアにできるだけ早く財政援助を行い、7月までに少なくとも44億ドル(約5050億円)集める必要がある。

オブライエン氏は、「この資金なしには、子どもたちが成長と発展を止め、学校に通うことができなくなり、彼らの将来が失われるかもしれない」と説明する。

先の報道では、2日間でソマリア南部の110人以上が、干ばつによって引き起こされた飢えによって亡くなった。

タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント