21:54 2018年08月17日
J-20J-20

中国、第5世代戦闘機を軍に正式採用

© REUTERS / China Daily © REUTERS / Stringer
1 / 2
国際
短縮 URL
1103

「ブラックイーグル」としても知られる中国の戦闘機J-20が、中国軍に正式採用された。ロイター通信が報じた。

中国は米国に続いて第5世代戦闘機を有する世界で2つ目の国となった。

なおJ-20についてはまだあまり知られていない。開発、製造を担当しているのは航空機製造会社「成都飛機工業公司」。開発は1990年代末に始まったとみられているが、画像が掲載されたのは2010年のことで、初飛行は2011年1月だった。

今も情報は少なく、専門家らは全長およそ21-23メートル、翼幅およそ14メートルとの見方を示している。重量は17トン、あるいは20トンという情報もある。敵のレーダーに探知されにくくするため、武器は戦闘機の内部コンパートメントに隠されている。

マスコミが入手した情報によると、J-20の主な課題は太平洋のパトロールで、対艦ミサイルなどが搭載されるという。

タグ
武器・兵器, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント