08:37 2018年09月23日
NGO、シリアで子どもの被害訴えEU本部前に「シリア人墓地」

NGO、シリア人子どもの被害訴えEU本部前に「シリア人墓地」【写真】

© Fotolia / Artjazz
国際
短縮 URL
147

ベルギー・ブリュッセルの欧州連合(EU)本部前の広場に3日、「シリアの子どもたちの墓地」が現れた。シリア支援の国際会議がEU本部で5日開かれるのを前に、非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンが、シリア内戦下の子どもの悲惨な現実を訴えるため、墓標の模造品を多数並べた。

スプートニク日本

「墓標」には2歳、7歳、11歳など「死亡時の年齢」も記され、通勤途中の人々が足を止めて見入っていた。共同通信が報じた。

国連児童基金(ユニセフ)によると、昨年だけで少なくとも652人の子どもがシリア内戦で死亡した。セーブ・ザ・チルドレンは声明で、死傷を免れても、学校を失ったり、戦闘で心に傷を負ったりする子どもも多いと強調。学校や医療機関などに対する攻撃の停止や、難民となった子どもへの教育の提供を訴えた。

国際会議はEUや国連などが主催。内戦後のシリアや周辺国への支援の在り方などを協議する。

 

 

タグ
子供, 欧州連合, ベルギー, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント