10:16 2019年08月24日
世界的サイバー攻撃に米情報当局の跡=メディア

世界的サイバー攻撃に米情報当局の跡=メディア

© AFP 2019 / Paul J. Richards
国際
短縮 URL
258

米政治メディア「ポリティコ」は、12日に発生した世界的なサイバー攻撃に、米国家安全保障局(NSA)が用いたというスパイウェアが用いられたと伝えた。

スプートニク日本

メディアの専門家によると、攻撃にはランサムウェア「WannaCry」とともに、「eternal blue 」というプログラムが用いられた。そのプログラムはNSAが開発したもので、ファイル共有プロトコルを用いて拡散されている。

同メディアによると、攻撃には、シャドウ・ブローカーズと名乗るハッカー集団が拡散したスパイウェアを用いられた。同集団は、ハッキングされたコンピュータの復旧と引き換えに身代金を要求している。同集団は、NSAが開発したとするプログラムにアクセスできたと主張している。

アナリストの見解に、調査を行っている西側諸国の安全保障機関の関係者も数人賛成している。彼らは、同集団が犯罪集団に関与している可能性もあるとも見ている。

先の報道によると、総合格闘技団体アルティメット・ ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)の試合に参戦する女性たちのセクシー画像がネット上に公開された

タグ
ハッカー, NSA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント