20:50 2018年07月17日
英エイムズベリー事件

英エイムズベリーで神経麻痺物質による中毒になった女性が死亡

© REUTERS / Henry Nicholls
国際
短縮 URL
0 20

英エイムズベリーで神経麻痺物質による中毒になった女性が死亡し、殺人事件として捜査が開始された。

スプートニク日本

ロンドン警視庁は「捜査担当者らは、ウィルトシャー・エイムズベリーで神経麻痺物質『ノビチョク』に触れた女性が7月8日夜に病院で死亡した後、殺人事件として捜査を開始した」と発表した。

警察によると、死亡したのはダーリントン出身のドーン・スタージェスさん(44)。またロンドン警視庁によると、スタージェスさんと一緒に神経麻痺物質の中毒になった45歳の男性は依然として重体。

英国のジャビド内相は8日、エイムズベリーとソールズベリーを訪れた。内相は記者団に、エイムズベリーの男女は、ソールズベリーでロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐とその娘ユリアさんに対して用いられたものと同一の物質によって中毒症状に陥ったことを確認したが、この2つの事件の関係性はまだ明らかになっていない。7月4日、英ソールズベリー近郊のエイムズベリーで男女2人が重体で病院に搬送されたと発表された。警察によると、2人は「正体不明の物質の影響」を受け、重体となった。

その後ロンドン警視庁は、2人は英国側のスパイとして活動したロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐とその娘ユリアさんに対して使用されたのと同じ「ノビチョク」と呼ばれる物質の中毒症状に陥ったことを確認した。

英国は「ノビチョク」(A234)によるスクリパリ氏の中毒にロシアが関与していると主張しているが、ロシアは断固として否定している。

ロシア政府は一方、治安当局レベルを含む協力の用意を示しつつ、英ソールズベリーとエイムズベリーの事件に対する本格的な調査を立ち上げることを英国政府に一度ならず提案。しかし答えはまだ受け取っていない。

ロシア外務省のザハロワ報道官は非難が根拠の無いものだと反発し、「メイ政府がしてしまったこと全てに対し、ロシアそして国際社会に対して英政府とその代表は謝罪することになる」としたうえで「だが英国でよくあるように、これは後のことだ。だが起きることだ」と主張した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント