16:06 2020年10月26日
国際
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (216)
0 82
でフォローする

アイスランド政府は、商業捕鯨を今後5年間継続することを決めた。なお捕鯨は国際社会から激しい非難を受けている。20日、スウェーデンの公共ラジオ局「スウェーデン・ラジオ」が伝えた。

スプートニク日本

年間割り当て量は、ナガスクジラが209頭、ミンククジラが217頭。

一方、最新の世論調査によると、アイスランドの住民の大多数が捕鯨に反対している。スウェーデン・ラジオが伝えた。

アイスランドは10年以上前に商業捕鯨を再開、それ以来、同国に対する米国の制裁が続いている。

またアイスランドの他にノルウェーも商業捕鯨を行っているほか、昨年末には日本も商業捕鯨を再開する方針を表明した。

関連ニュース

露の環境保護活動家ら、捕鯨禁止を呼びかけ

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (216)
タグ
捕鯨問題, クジラ, 動物, 環境, アイスランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント