17:42 2020年01月26日
国際
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (178)
0 23
でフォローする

核戦争は意図的な軍事行動によるものではなく、何らかの誤りや、サイバー攻撃で今や起こりうる危険にさらされている。「核カタストロフィ防止ルクセンブルクフォーラム」のヴェチェスラフ・カントル会長は、第13回目の監査役会議でこう述べた。

その会議でカントル会長は「危険なのは、核兵器を意図的に使用するのではなく、人為的ミス、システムのミス、誤解あるいは誤算によって戦争が起こり得ることだ。新しいサイバー技術によってリスクが増大している」と述べた。さらに同会長は、世界全体の危機や戦争を背景に、世界の戦略的安定を保障する国際的な合意が弱体化していることが、 世界情勢を一層緊張させていると述べた。

カントル会長は、現在、核保有国の国家インフラはサイバー攻撃を経験していると述べた。たとえば、ロシアでは外国からのサイバー攻撃が何倍にも増えていると繰り返し言われている。また、同会長はこのサイバー攻撃が核兵器の不正な使用につながる恐れがあると警告した。こうしたリスクを最小限に抑えるためには、戦略的安定に関する条約を破棄するのではなく、信頼関係を強化する必要があるという。

「核カタストロフィ防止ルクセンブルクフォーラム」は、ロシア、米国、英国などの国々の専門家が参加する、原子力安全に関する主要な国際的な非政府組織の1つ。

関連記事

ローマ教皇が日本訪問を決意した写真を東京で公開

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (178)
タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 核兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント