08:44 2020年09月30日
国際
短縮 URL
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (88)
0 43
でフォローする

韓国のポップグループBTS(防弾少年団)と所属事務所のBig Hit Entertainmentが、米国黒人の権利保護に取り組む「ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命は大切、Black Lives Matter)」運動に100万ドル(約1億950万円)を寄付した。グループ代表の話をもとに聯合ニュースが伝えている。

4日(木)BTSは「ブラック・ライヴズ・マター」への支持を表明。ミネアポリス市のジョージ・フロイドさん死亡事件をきっかけに世界中で噴火した人種差別および有色人種への残酷な扱いに対する抗議に参加することを明らかにした。

BTSはツイッターの公式アカウントで「私たちは人種差別に反対する。暴力を軽蔑する。あなたも私も、私たちは皆、尊重される権利をもっている。私たちはともにある」とメッセージを発信した。

全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件

米ミネソタ州ミネアポリスで5月25日、アフリカ系米国人のジョージ・フロイドさんが偽造紙幣を使用した疑いで拘束された。手錠をかけられたフロイドさんが、白人警察官らによって道路に押さえつけられる様子をとらえた動画がインターネットに投稿されて以来、ミネソタ州をはじめとする米国のいくつかの州で先週、大規模な抗議活動と暴動が始まった。

現場に駆けつけた警察官の1人はフロイドさんの首を膝で押さえつけ、息ができないというフロイドさんの懇願を無視。フロイドさんは運ばれた市内の病院でまもなく死亡した。

翌26日には現場の警官4人全員が免職され、うち1人は過失致死罪で身柄を拘束された。

関連ニュース

黒人の血を引いた詩人プーシキンに米国の抗議活動参加者らが驚愕

トピック
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (88)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント