15:06 2020年09月26日
国際
短縮 URL
0 33
でフォローする

SNS「インスタグラム」は、同サービスのポリシーとツールが黒人ユーザーやその他マイノリティにどの程度影響を及ぼしているか実態調査を行う。アダム・モッセリCEOが発表した。

モッセリCEOは同サービス公式サイトに「黒人の声が届くように(仮訳)」と題して声明を発表。同サービスは黒人と連帯しており、それを証明したいという。具体的には同SNSが人々に与える影響を調査するという。攻撃的な反応、プロフィール検証、コンテンツやアルゴリズム偏見の確認などが予定されている。

モッセリCEOは「インスタグラムはすべての人にとって、自分が守られ、応援され、自己表現の自由があると感じられる場所でなければならない」「黒人コミュニティの保護は我々にとって最優先事項」と結んでいる。

5月25日以降、米ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイドさんが警察官に拘束され死亡したことをきっかけに、全米各地や他国では大規模デモや暴動が後を絶たない。警察官は拘束時にフロイドさんの首を膝で押さえつけていた。フロイドさんは何度も「息ができない」と訴えたが、警察官はそれを無視。その後、フロイドさんの死亡が確認された。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント